Q&A:アフターケアについて

Q&A

ダーマルラボ Dr.H&H CELLPHY BEAUTEを正しくお使いいただくために皆様の疑問や質問にお答えします。

アフターケアについて

化粧品を使用中、刺激を感じたり、痒くなったりします。肌に合わないのでしょうか?

新しい化粧品を初めてご使用になる場合、人によっては稀に肌に合わない場合があります。また、使い慣れた化粧品でも、季節や環境の変化、体質・体調の変化によって急に肌に合わなくなる場合もあります。化粧品の使用中に刺激を感じたり、赤み、はれ、かゆみなどの異常があらわれた場合は、すぐに使用を中止して、下記の応急処置で肌を休めて下さい。通常は、その化粧品の使用を中止することで改善しますが、症状がひどい場合には、皮膚科専門医にご相談ください。

応急処置

  • 使用した化粧品を水やぬるま湯で洗い落とし、水で冷やしてください。
  • タオルでこすったり、指で掻いたりしないでください。
  • 直射日光をさけてください。(サンスクリーン剤は使用しないでください)
  • パーマ剤やヘアカラー剤の使用、飲酒や刺激のある食事は避けてください。
化粧品が目に入り、しみました。大丈夫ですか?
目の粘膜はとてもデリケートで、異物が入ると刺激を感じます。すぐに水かぬるま湯をたっぷり使って、まばたきしながらよく洗い流してください。 それでも刺激や異物感が残る場合は眼科医等にご相談ください。
子供が化粧品を口に入れて飲み込んだようです。大丈夫ですか?
弊社の取扱う化粧品は、安全性の高い原料を使用しています。例え誤って飲んだり食べたりしても特に危険はありませんが、専門医にご相談ください。
買ったばかりの化粧品なのに、中身が容器一杯に充填されていません。
温度の上昇で中身の体積変化が起こるため、ほとんどの化粧品が容器上部に空間を設けています。内容物が温度変化で溢れ出したり、容器が破裂することを防ぐためです。規定の内容量はきちんと入っていますので、ご安心ください。
化粧品を洋服にこぼしました。どうすればよいですか?
化粧品の種類や洋服の線維、加工法などの違いで対応が違います。間違った応急処置は、大切な洋服を痛めますので、早めにクリーニング店にご相談ください。
妊娠中ですが、化粧品の成分は影響しますか?
化粧品の成分が胎児に直接影響を与えることはありませんが、一抹の不安を感じながら使用を続けることのストレスが、胎児に影響を与えることになります。また、妊娠中はホルモンバランスが不安定で、肌が通常より敏感になっています。使い慣れた化粧品で最小限のケアにとどめることをおすすめします。
使い終わった後の化粧品容器の廃棄方法はありますか?
容器はボトル、中蓋、ポンプやスポイト、オーバーキャップなどで構成され、それぞれ材質が違います。また、ボトルにラベル(紙)が貼られたものもあります。お手数ですが、お住まいの自治体の分別方法にそって破棄してください。

ページの一番上に戻る